コンテンツへスキップ

竹下通りは私が初めてデートをした場所だ。
竹下通りに連れていけばなにかしら面白いことがあって、きっと満足してもらえるだろうと思ったのだ。
確かに満足はしてくれた、違う意味で。

竹下通りを歩き、買い物をしたり、軽く食事をしたり、時間はあっという間に過ぎていった。
ただ、昼食を食べたあたりから、相手の表情が浮かないというか、なんだか不安そうに見えた。
なにか嫌なことでもしてしまったかな、と思って私も不安にはなったが、そんなことを気にしていてもなにも楽しくないので気にせずに歩いていた。

デートも終盤、どこに行こうかと相談していると「もう帰ろうかと思う」と言い出した。
なんだ?なんなんだ!?と思い「なにか悪いことしたかな?正直に言ってくれていいから!」
そう言うと、いつからついていたのかわからない頭についた鳥の糞を指差した。
うん。これは雀じゃなくてたぶん鳩だな。
雀にしては大きすぎる。
いつからついていたの?とはあまりに怖く、恥ずかしく聞けなかった。

我が家はマンション、アパートに暮らしていたこともあって、ペットらしいペットを飼育したことはない。

犬を何度も何度も飼いたいとお願いしてみたものの、結局断られ続けてだめだった。

でもそんな我家でも一度だけペットが家にいたことがある。

そのペットがまさかのカメレオン。

どうしてカメレオンなのかというと、それは親とのちょっとした口喧嘩がきっかけだった。

どうしてペットを飼えないのかという言い争いになり、そこであんたみたいな子にペットのお世話なんてできるわけないでしょ!と言われてそれなら証明してやると、なけなしのお小遣いを使ってカメレオンを飼うことにしたのだ。

小さなカメレオンだったが、育ててみると思いのほか可愛くなってくる。

餌やりも面倒ではあったが、おいしそうに食べてくれる姿を見ていると情も湧いてくる。

かなり長生きしたが、その頃は爬虫類の病気をみてくれる獣医師はあまり多くなくて、病気をした時には困ったものだった。

もし爬虫類を飼っているならこれは見ておくべき。

爬虫類を見てくれる全国の獣医リスト

最近は女子にも人気の酒蔵見学。

地元も酒蔵で有名なところですが、女子だけで見学している人も結構いるとか。

日本酒といえばおっさんのイメージだったが、最近は若い女子にも人気なんだとか。

ちなみにビールは苦手な私だが、日本酒は少しだけ飲める。

というのも味は好きだが、喘息持ちのため大量には飲めない。

お酒を飲むと発作が出てしまう。

そのため、たしなむ程度が一番だ。

私は参加しないが、今度友人たちみんなで酒蔵に行くことになったようだ。

わざわざ京都にまで行くというのでビックリ。

どうやら京都の伏見は酒蔵で有名らしい。

ちなみにこの記事を見て、京都への酒蔵見学を決めたんだとか。

京都伏見の酒蔵めぐり

酒蔵見学の魅力は、やはり試飲だ。

もちろん飲酒運転になるため車は利用できないが…。

できたてが飲めるわけではないようだが、製造過程を聞いたうえで飲む日本酒はまた違った味がするはずだ。

辛いものが苦手のため、辛子レンコンは食べたことがなかった。

しかし、実家にあった辛子レンコンをたまたま食べてみてハマってしまった。

基本的には食わず嫌いなので、口にすることはない。

ただお酒が入れば別だ。

お酒が入ると食欲がアップする。

実家におつまみがなかったので仕方なく辛子レンコンを食べてみたのだ。

そしたら想像以上に美味しかった。

大量に食べれるものではないが、おつまみに最適だった。

自分でも購入しようと思い、ネットで検索してみた。

スーパーなどで購入できるのかもしれないが、あまり見かけたことがないため手っ取り早く通販で購入することにした。

どうせ購入するなら美味しいものがいい。

辛子レンコンの発祥の店で購入することにした。

そのお店とはこちら。

辛子レンコンの老舗

1本、2本、3本入りを販売している。

1本入りで大きいものであれば、1800円ほど。

賞味期限が一週間ほどなので、1本入りを注文した。

ただ送料が高い。

北海道は2200円もする。

令和がスタートして数日が経った。

平成が終わったという実感はまだない。

新しい元号が令和と発表されたとき、テレビを見ていなくてネットニュースで知った。

最初は令和なんて言いにくいな…というのが正直な感想だ。

日本の新元号は海外でも速報で報道されたらしい。

海外の人はどんな反応をしたのか気になったので調べてみた。

海外の反応をまとめたサイトを発見した。

そこに書かれていたのは、好意的なコメントが多かった。

アメリカの人でスターウォーズのレイア姫と関連づけて覚えるようにすると書いてあった。

たしかに海外の人はそれなら覚えやすいだろう。
万葉集から採用された令和だが、まさかスターウォーズにもあったとは…。

またドイツの人は、2019年は平成31年になるのか、令和元年になるのか気にしていた。

たぶん令和元年になるだろうね。

令和が始まってたった数日しか経ってないが、令和元年ベビーは多く誕生しているだろう。

そのほかのコメントは下記サイトから。

「令和」への海外の反応

会社の後輩に子供が生まれた。

育休中で里帰りをしているが、明日帰ってくるそうだ。

病院に一度だけ会いに行った。

難産だったためか顔色があまりよくなかった。

退院してからも育児に大忙しらしい。

里帰りとはいえ、上の子は3歳。

体力が有り余っているらしくいつもイタズラばかりしているようだ。

後輩の話を聞いていたら子育ては大変だが、子供が欲しくなってきた先輩。

先輩は子供よりも仕事という考え方だったが、後輩の子供がかわいくて自分もほしいと思うようになったとか。

妊活のために美的ヌーボという葉酸サプリも飲んでいるらしい。

美的ヌーボは芸能人もおすすめしていることがある。

それだけいい商品なのかもしれない。

子供2人となると昼間は保育園に通っているのでいいかもしれないが、土日は大変になるだろう。

旦那さんはあまり育児に協力的ではないようなので里帰りから帰ってきたら大変かもしれない。

後輩が戻ってくる1年後、会社はどうなっていることやら。

美的ヌーボはどんなサプリ?

交通事故の交渉は弁護士に任せるのが一番である。

自分で行うと交渉術や知識もないため、保険会社の言う賠償額でサインしてしまうこともある。

しかし、それは言いくるめられている可能性がある。

実際にはもっともらえる可能性があるのだ。

もっと有利な条件で進められていたはずなのに、保険会社の言いなりになるのは悔しい。

そうならないためには弁護士にお願いすること。

ただ、弁護士は法律の専門家だが交通事故となると専門の知識が必要になる。

なので交通事故に強い弁護士を探す必要があるのだ。

では、交通事故に強い弁護士はどうやって探すか。

詩人に紹介してもらうのが一番確実だろう。

しかし、そういった知り合いがいなければ紹介してもおらうことも難しい。

そんなときにはインターネットで探すのがいいだろう。
弁護士の事務所を探すのではなく、弁護士が比較できるサイトを利用すると便利だ。

また無料法律相談会で相談するのもいいだろう。

交通事故保険金交渉に強いおすすめ弁護士

恥ずかしい話、友人は不倫している。

何度やめるように言っても聞く耳を持たない。

家族ぐるみの付き合いなので旦那さんのことも知っている。

旦那さんに教えてあげたい気持ちはあるが、私がでしゃばることでもない。

なので友人自ら不倫をやめてほしいと思っている。

それなのに旦那さんが出張の時は男の家に泊まりに行ったりしている。

子供を実家に預けてまで…。

もちろん実家のご両親は不倫のことは知らない。

友人たちと遊ぶためとか言っているのだろう。

なんとかして友人が不倫をやめてくれないだろうか。

もし旦那さんが知ったら悲しむだろう。

いつも友人のことを気遣い、愛情があふれ出ている。

それなのにそれをシカトして不倫に走る最低女。

友人をやめたいぐらい嫌いになってきた。

旦那さんが不倫を疑うのが先か、それとも不倫をやめるのが先か。

たぶんバレる方が先だろうな。

友人は不倫をやめる気などない。

今の状況が刺激的で楽しんでいるように思える。

妻の浮気調査

弟からカミングアウトされた。

それは不倫していると…。

弟が不倫しているわけではない。

弟の妻が不倫しているのだ。

子供は3人いて、一番手のかかる時期。

そんなときに不倫する時間があるだろうか。

弟の勘違いなのではないか?と思い証拠はあるのか聞いてみた。

そしたら探偵に依頼してホテルに入る写真があるとか。

ホテルの写真があれば完全に浮気している。

子供たちの面倒は手を抜くことなく見ているらしい。

仕事していると嘘ついて不倫していたようだ。

弟はあまりのショックでご飯も食べていないようだ。

これから先、まだどうするのかは考えていないようだが、一緒にいることは限りなく難しいようだ。

そうなってくると子供の問題だ。

私も子供たちを可愛がっている。

会えなくなると本当に辛い。

子供たちは母親についていきたいという気持ちが大きいだろう。

3人とも女の子なので母親べったりだからだ。

とにかく弟が少しでも早く立ち直ってくれることを祈る。

横浜の浮気調査に強い探偵社

自分の借金ではないのに返済しなければいけないのは辛い。

連帯保証人で騙されて返済することになった父の人生は最悪だった。
お人好しの父は友人の連帯保証人になったのだが、騙されてしまい家族はバラバラになった。

お金よりも大事なものがある!そういう人もいる。

しかしそれは本当の貧乏を経験したことない人が言うのだろう。

お金は大事、家族のきずなを壊すほどの力を持っている。

父がもし連帯保証人になっていなければ家族は一緒に入れただろうか。

妹と一緒に暮らすことができただろうか。

母に甘えることはできただろうか。

私の人生も変わっていたかもしれない。

そして父の人生も変わっていただろう。

連帯保証人になり借金地獄を経験しても父のお人好しは変わらなかった。

そんな父を見て本当に呆れる。

私はあのようになりたくはない。

反面教師で頑張ってきた。

そしたら人を信用できなくなった。

私の人生借金はないが、悲しいものだ。

これからどうすればいいだろうか。

連帯保証人になって借金地獄に落ちるパターン